トピックス

INFORMATION

ICT施工について

ICT施工(MC:マシンコントロール)による技術
1.ICT施工技術の概要

作業機の位置を計測し、システムが油圧を制御し、作業機を自動でコントロール。(マシンガイダンスとは区別される)
GNSS-RTK方式はGNSS(GPS+GLONASS)でデータを取得し、一機の固定基準点で複数の建機が稼働可能。
KOMATSUの最新機種はVRS方式(Virtual Reference Station、注1)にも対応しておりさらに利便性が高まる。

情報化施工技術の概要
2.ICT施工による発生土減容化

ICT施工により、ミリメートル単位の設定で土地形状に合わせた表土除去を行うことで、発生土壌量を従来工法よりも減少させることが可能。

従来の施工/情報化施工
3.その他のメリット

①測量、丁張、検測等の工程が不要となり工期が短縮できる。

①測量、丁張、検測等の工程が不要となり工期が短縮できる。

②色づけマップで施工ポイントを可視化。

②色づけマップで施工ポイントを可視化

③全工程での全自動ブレード制御。経験不足のオペレータでも施工可能。

③全工程での全自動ブレード制御。経験不足のオペレータでも施工可能。
ブレード負荷が増大すると自動で
ブレードを上げ負荷をコントロール
ICT施工による発生土減容化の技術
MC機械の特徴詳細説明
自動掘削制御
自動掘削制御
世界初の掘削操作の自動化を実現。
シュースリップの削減により、(1)設計面へのダメージなし(2)シューの摩耗を最小限に留める
全行程での全自動ブレード制御
全行程での全自動ブレード制御
自動掘削制御から自動整地制御へのシームレスな切換によってオペレータは前後左右にブルを 操縦するだけで施工を完了。
 
Copyright © Komatsu Rental All Rights Reserved.