お知らせ

INFORMATION

「建設技術フォーラム2016in広島」に出展しました

11月11日、12日に広島中央公園で開催された「建設技術フォーラム2016 in 広島」(※)に出展いたしました。

「地域づくりを支える建設技術~動き始めた『i-Construction』~」をテーマに建設技術の紹介や現場見学会が行われました。
総数62ブースと多数の出展があるなか、コマツレンタルでは

■i-Constructionに対応したコマツの「スマートコンストラクション」
■現場から生まれた新工法「クイックスマートコンストラクション」 

についてご紹介いたしました。

「クイックスマートコンストラクション」とはコマツのICT建機の機能を利用することで、3Dデータを作成しなくても現場の切り出し位置をモニターで確認したり、掘削深さを自動制御できるものです。
現在は主に建築基礎工事で活用頂いております。

 見学 △高校生

建設業界のお客様にはICT油圧ショベルPC128USiでクイックスマートコンストラクションの施工を体験していただいたところ

「丁張(目印)が無くても掘る場所が分かるなんて!まるでゲームみたいだ!」
「深さを確認しなくていいから作業を中断することがないね。」
「経験年数の浅いオペレータでも、手元作業員無しで施工ができる。少数精鋭でいいから、安全性も飛躍的に上がる!」

と、生産性・安全性の向上を確信されていました。

また、建設機械に興味があるという高校生、土木系コンサルタント志望の大学生もブースを訪れ、建設業の急速な進化に驚き、目を輝かせていました。

「未来の現場」を実現するスマートコンストラクションに興味をお持ちの方はスマートコンストラクション推進室またはお近くのコマツレンタルにお問い合わせください。

 ⇒ICT建機の商品情報はこちら

スマートコンストラクションのホームページはこちら

※「建設技術フォーラム」とは
自然災害への対応や、安全で安心して生活できる地域づくりを支えるために日々開発されている建設技術を一同に集め紹介するためのイベントです。
主催は複数の民間企業、大学、行政機関からなる「建設技術フォーラム」実行委員会で、国土交通省中国地方整備局 企画部 技術科が事務局を務めています。