お知らせ

INFORMATION

「i-Construction」の第1号工事がスタートしました

国土交通省はi-Construction(アイコンストラクション)対応型工事の第1号(下記2
現場)がスタートしたと発表しました。

・道央圏連絡道路千歳市泉郷改良工事 (北海道千歳市)

・宮古弱小堤防対策工事 (福島県河沼郡)

それぞれの工事でコマツのスマートコンストラクションが導入され、ドローンによる
施工前測量からICT建機のご提供までコマツレンタルがサポートさせて頂いております。

■ドローンによる施工前測量
20160617_01

■測量結果と設計の3次元データを用いてのICT建機での施工
20160617_02 20160617_03

6/17現在、全国で160件のi-Construction対応型工事の公告がされて
おり、今後も続々と公告がされる見通しです。
それに伴い、国土交通省はICTに対応できる人材育成を目的に全ての都道府県で
合計200箇所の講習・実習を実施すると発表しました。

コマツレンタルでは上記の工事以外でもi-Construction基準の工事の
お手伝いをさせて頂いております。
また、各地に「コマツIoTセンタ」を開設しており、今後人材育成のための講習・
実習プログラムの実施を計画しております。

i-Constructionに対応したスマートコンストラクションに興味をお持ちの
お客様はスマートコンストラクション推進室またはお近くのコマツレンタルまでお問い合
わせください。

ICT建機の商品情報はこちら

スマートコンストラクションのホームページはこちら

出典 :国土交通省ホームページ
報道発表資料 i-Constructionの第1号工事がスタート!